不感症の改善効果が期待できるラブグラの特徴を理解しよう!

笑顔の夫婦

男性の精力減退や、性行為途中での中折れや早漏といった力がなかったり、持久力が維持できないという悩みを改善するために効果を発揮するとして、世界的にヒットした精力剤であるバイアグラの名は男性でなくても女性も聞いたことがあるでしょう。

パートナーとの性行為に満足できなかった女性の中には、男性にバイアグラを飲むように勧めた人もいるかもしれません。男性の精力減退に対処するバイアグラがあるように、女性側の不感症の改善効果を期待して使用できる女性版バイアグラも存在するのですが、男性が用いる場合のようには広く知られていないのが特徴です。女性版バイアグラと呼ばれてもっともよく知られているのがラブグラと呼ばれるお薬で、女性の不感症でもっとも大きな悩みとなる気持ちよくなれないために膣内が潤わず、性交痛で悩まされているというケースや、快感はそこそこ感じるけれど濡れるまでに至らないという場合、さらにはそもそも性交渉において何をされてもやはり気持ちよくなれないという、かなり手ごわい不感症の女性が試してみようと考えることが増えています。

ラブグラは女性用バイアグラとして、いわゆる先発医薬品にあたる薬の後発医薬品の一つで、他にもいろいろな名前の女性版バイアグラのジェネリック医薬品が出ています。また通販サイトでも購入可能で、ラブグラを通販サイトで手軽に購入する方も多いです。
女性向けということもあって、ラブグラはピンク色をした錠剤になっていることから、不感症に悩んでいる女性にとってはこの色も救ってくれるかもしれないと思えることでしょう。
ラブグラは男性向けのバイアグラと同じ有効成分で作られているのが特徴で、男性向けのバイアグラと同じ成分で女性の不感症が改善できるのかと不安になる人もいるかもしれません。ただ、男性も女性も性的な興奮を感じたり、体への刺激によって有効成分が働いて性器周辺の血流をよくするという効果があります。

男性の勃起不全なども血流不足が原因であることが多いため、同じ有効成分によって性器周辺の血流をよくすることで女性の場合は膣内の分泌液が増えて濡れやすくなり、濡れやすくなったことによって痛みがなくなり、気持ちよさをよりよく感じられるようになるという仕組みです。不感症のせいで常に挿入時の痛みに身構えていたとしたら、それこそ気持ちよさとは無縁になるのも無理はありませんが、膣内が十分に潤うことに加えて有効成分が作用して刺激に敏感になって興奮しやすいことも、不感症改善への効果を高めるラブグラの特徴です。